年をとってから後悔しないために・・・

年をとってから後悔する。

そんな保険にまつわるエピソードをご紹介します。

<1>こんなはずじゃなかったのに~!

あなたは、今年で60歳。それまでの保険の支払いがちょう

今年で終わろうとしています。

そんなある日のこと。

一通の通知が保険会社から送られてきました。

中身をよく読んでみると

「このまま医療保障の特約を継続するなら200万円まとめて

払ってください」

ビックリ仰天したあなた、さっそく保険会社に電話しました。

「そんな話は聞いていない」「そんな説明はなかった」と。

しかし・・・

「それなら医療の保障は、このままで終わりますよ!」

「お続けになりますか?それとも、このままにしておきます

か?」

と保険会社に冷たく言われて、大金を払う羽目に。

実は、実際のこんなケースはたくさんあるのです。

そうです。

定期付終身保険の「主契約」はたいてい終身保険です。

「特約は」たいてい10年や15年の定期保険や定期医療特約

がセットされ、「自動更新」のたびに保険料が上がっていきま

す。保険料はそのときの年齢で再計算されのです。

「自動更新」はいつまで可能かと言うと・・・

「定期保険」(=死亡保険)は、60歳や65歳などの「主契

約」の払込満了まで、「医療特約」(=医療保障)であれば、

だいたい80歳ぐらいまでなのです。

ようするに、「自動更新」の時期がくれば、その時の年齢で保

険料が再計算され、一括もしくは年払いで払わないと継続でき

ないのです。

「保険が途中で切れてしまった!」

「もう健康上の理由で、他に保険に入れない!」

なんてことにならないよう保険期間は確認しましょう!

コメントをどうぞ