失敗しないための保険見直し技術(医療保障)

手っ取り早く、賢く、しかも、失敗することなく、保険を見直す

技術。それは・・・

今、加入している保険の

「良いところを残して、悪いところにメスを入れる」ことです。

生命保険は、「特約」がなくなっても「主契約」があれば残る

ことを思い出してください。

まずは、一番の見直しは「医療の保障」部分です。

こんな方はいらっしゃいませんか?

「保険料の払込が満了するのと同時に、保険期間も終了して

しまう一定期間ごとに更新する定期タイプで準備している」

ご主人に万一があったら、残された家族の生活費を考えて加

入するのが死亡保障です。

お子さんが独立してご夫婦そろって老後を迎える人。

お子さんのいない共働きのご夫婦。

こうした人たちにとって死亡の保障はそれほど必要はないと

思います。

しかし、病気やケガはいつ、誰に、起こるかわかりません。

ご主人かも知れないし、奥さんかも知れない。

「医療特約」部分は、更新がくれば保険料は上がってしまい

ます。

「保障が途中で切れていた」とことも起こりうるのです。

できるだけ早めに、終身タイプに「医療特約」部分を交換して

しまうのです。

コメントをどうぞ