失敗しないための保険見直し技術(死亡保障)

あなたに質問します。

「今の保険の死亡保険金額はいくらですか?」

三千万円ですか?  それとも四千万円ですか?

次の質問です。

「なぜ、その死亡保険金額を選んだのですか?」

恐らくあなたは  「・・・・・・・」

となっていませんか?

でも、ご安心を! 

ほとんどの人があなたと同じように「・・・」のはずですから。

なぜなら「死亡保険金額に、何の根拠もなく加入している」

ためです!

根拠ナシの保険金額。

そうなれば当然、ムダに保険料を支払っている危険性が高い

わけです。

「適正な保険金額って、いったいいくらなの?

と思われるでしょうネ。

これについては、わが国の社会保障制度(公的保障)の理解

が不可欠なのです。

コメントをどうぞ